Ultra ALLOY®金属キャピラリーカラム

Ultra ALLOY®金属キャピラリーカラム

 

 

 

py3030d

 

Ultra ALLOY® 金属キャピラリーカラムは1991年に初めて商品化されました。
[特長]
1) 不活性
・ステンレス製でその内壁は7層のプロセスを経て不活性化
・最上層は、シラノール基を多く含む層で、溶融シリカと非常に類似
・ポリシロキサン固定相として幅広く使用できるように設計
2) 高温安定性
・カラムの内壁に結合した固定相ポリマーは、高温下での酸化耐性
・一般的な有機溶媒で洗浄が可能
3) 耐久性
・高品質のステンレスを使用
・高い耐久性があり、金属およびグラファイトベスペルフェラルの両方で使用可能
この金属キャピラリーカラムと金属フェラルを使用すれば、幅広い温度範囲に亘って昇温、冷却を繰り返してもガス漏れを起こしません。

 

Ultra ALLOY® 金属キャピラリーカラム

Ultra ALLOY® 金属キャピラリーカラム

uamcolumnステンレス管の内表面を特殊不活性化処理した、450℃で使用可能な高耐熱性・耐汚染性のカラムです。
pdf カタログ pdf 取扱説明書

Ultra ALLOY® 不活性化金属キャピラリーチューブ

uamdeacolumn発生ガス分析等の各種インターフェース用キャピラリーチューブで、内面に不活性化処理を施しています。
pdf カタログ

各種金属キャピラリーチューブ (未処理)

untitled内径0.05から1.2 mmまでの未処理金属キャピラリーチューブです。
pdf カタログ